2011年11月15日

目次(各回別)

目次:
(変更・追加の場合は随時更新致します。)

7/23 第1回
「目次(各回別)」
「『週刊 『復活』のすべて』について」
7/30 第2回
「『復活』総合インフォメーション」
8/6 第3回
「F/T11公募プログラム」
「ピーチャム・カンパニー紹介vol.1(劇団合体の経緯)」
8/13 第4回
「ピーチャム・カンパニー紹介vol.2(peachum classics)」
8/20 第5回
「顔合わせレポート」
「ピーチャム・カンパニー紹介vol.3(『口笛を吹けば嵐』)」
8/27 第6回
「会場の全貌」
「ピーチャム・カンパニー紹介vol.4(『オペレッタ 黄金の雨』)」
9/3 第7回
「目次(テーマ別)」
「ピーチャム・カンパニー紹介vol.5(『ダンシング・ヴァニティ』)」
9/10 第8回
「チケット情報まとめ(お得な割引情報掲載!)」
「東京タワー周辺散歩vol.1」
9/17 第9回
「『アースダイバー』東京タワー篇」
「戯曲『復活』(清末浩平インタビュー)」
「東京タワー周辺散歩vol.2」
9/24 第10回
「稽古場レポートvol.1」
「東京タワー周辺散歩vol.3」
10/1 第11回
「東京タワー周辺散歩vol.4」
10/8 第12回 new
「稽古場レポートvol.2」
「東京タワー周辺散歩vol.5」
10/15 第13回
「稽古場レポートvol.3」
「東京タワー周辺散歩vol.6」
11/1 第14回
「会場までの道のり(御成門から)」
「会場までの道のり(神谷町から)」
「東京タワー周辺散歩vol.7」


【関連する記事】
posted by peachum_company at 23:30| 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目次(テーマ別)

目次(テーマ別):

1.「目次(各回別)」

2.作品概要・テーマ・その他
ー1 「『週刊 『復活』のすべて』について」
ー2 「『復活』総合インフォメーション」
ー3 「F/T11公募プログラム」
ー4 「会場の全貌」
ー5 「チケット情報まとめ(お得な割引情報掲載!)」
ー6 「『アースダイバー』東京タワー篇」
ー7 「会場までの道のり(御成門から)」「会場までの道のり(神谷町から)」
ー8 「『復活』のまとめ」

3.インタビュー
ー 「戯曲『復活』(清末浩平インタビュー)」

4.ピーチャムのこれまで
ー1 「ピーチャム・カンパニー紹介vol.1(劇団合体の経緯)」
ー2 「ピーチャム・カンパニー紹介vol.2(peachum classics)」
ー3 「ピーチャム・カンパニー紹介vol.3(『口笛を吹けば嵐』)」
ー4 「ピーチャム・カンパニー紹介vol.4(『オペレッタ 黄金の雨』)」
ー5 「ピーチャム・カンパニー紹介vol.5(『ダンシング・ヴァニティ』)」

5.稽古場レポート
ー1 「顔合わせレポート」
ー2 「稽古場レポートvol.1」
ー3 「稽古場レポートvol.2」
ー4 「稽古場レポートvol.3」
ー5 「上演レポート」

6.東京タワー周辺散歩
ー1 「東京タワー周辺散歩vol.1」
ー2 「東京タワー周辺散歩vol.2」
ー3 「東京タワー周辺散歩vol.3」
ー4 「東京タワー周辺散歩vol.4」
ー5 「東京タワー周辺散歩vol.5」
ー6 「東京タワー周辺散歩vol.6」
ー7 「東京タワー周辺散歩vol.7」
ー8 「東京タワー周辺散歩vol.8」
posted by peachum_company at 23:00| 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

会場までの道のり(御成門から)

都営三田線「御成門駅」からお越しの場合のルートをご案内致します!

御成門駅の改札を出たら、A1出口を地上に上がります。
地上に上がりましたら、左手へ進みます。
13-thumb-400x534-1212.jpg

すぐに歩道橋につきあたりますので、左折します。
14-thumb-400x534-1214.jpg

そのまま歩道橋にはのぼらず、まっすぐ進みます。
しばらく進むと、左手にプリンスホテルが見えますが、そのままプリンスホテル入り口の横断歩道を渡ります。
横断歩道を渡ってすぐの信号で右折し、横断歩道を渡ります。
17-thumb-400x534-1216.jpg

横断歩道を渡って左を向き、右斜め前に見える坂道を昇ります。
20-thumb-400x534-1218.jpg

坂道を道なりに昇ると、会場の入り口となります。
22-thumb-400x533-1220.jpg

受付スタッフがお待ちしております。
ご来場心よりお待ちしております。

【お客様へのお願い】
*会場は夜になると、大変冷え込むことが予想されます。
ご来場の際には十分な防寒対策をお願いいたします。
posted by peachum_company at 10:33| Comment(1) | 概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会場までの道のり(神谷町から)

東京メトロ日比谷線「神谷町駅」からお越しの場合のルートを写真付きで解説致します!

神谷町駅の改札を出たら、3番出口を地上に上がります。
1-thumb-400x520-1188.jpg

地上に上がりましたら、目の前のファミリーマートを左折します。
2-thumb-400x292-1190.jpg

道なりに進むと左手にすきやがあります。そのまま直進してください。
3-thumb-400x534-1193.jpg

まっすぐ進むと、しばらくして左手に「高本製麺所」が見えます。
「高本製麺所」目の前の横断歩道を渡ります。
4.jpg

渡ってすぐの横断歩道を再び左に渡ります。
111027_165635-thumb-400x300-1222-thumb-400x300-1223.jpg

渡った後、右に進み、急な坂道を昇ります。
6-thumb-400x300-1199.jpg

突き当たりを左折、まっすぐ進みます。
9-thumb-400x534-1206.jpg

芝中・高等学校と正則高等学校の間の道を右折します。
ここが見落としやすいのでお気をつけてください。
9-thumb-400x534-1206.jpg

道の反対側にはカレーやさんとお弁当やさんが見えます。
8-thumb-400x300-1208.jpg

まっすぐ進み、突き当たりの車止めを左折します。
10-thumb-400x534-1204.jpg

そのまま進むとほどなく会場入り口です。
受付スタッフが皆様をお迎えいたします。


【お客様へのお願い】
*会場は夜になると、大変冷え込むことが予想されます。
ご来場の際には十分な防寒対策をお願いいたします。
posted by peachum_company at 10:27| Comment(0) | 概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京タワー周辺散歩vol.7

「9月29日、芝公園から東京タワーへ」

また案内図を見るところから始めましょう。

011.JPG

前回は、この地図の左下の、「現在地」の赤いマークの上にある公園の、下半分くらいを見て回りました。
今回は、上のほうへ行きます。
そこは、小高い丘になっているのですが、この丘は「芝丸山古墳」という古墳です。
5世紀後半に作られたと考えられている、前方後円墳です。

中沢新一先生の『アースダイバー』でも言及されています。

【引用】増上寺の寺域に点在していた小山の群れが、前方後円墳をはじめとするりっぱな古墳群であることを発見したのは、日本考古学の基礎を築いた坪井正五郎だった、と言われている。彼は英国に近代考古学を学ぶために留学した帰路のつれづれに、子供時代によく遊び場にしていた増上寺の裏手の森のことを、思い出していた。地面を掘り返すと、奇妙な土器のようなものが出てきた、あの小山はじつは古代の遺跡だったのではないか。帰国後すぐにその地の発掘を試みた彼は、芝のその森がまぎれもない古代遺跡であったことを確認する。増上寺を中心とするそのあたりは、かつて死霊のつどう神聖な土地であったのだ。【引用終わり】

昭和33年(東京タワーのできた年!)に、この周辺が大規模開発されたとき、他にもいくつかあった古墳が取り壊され、いまはこの「芝丸山古墳」と三田の「亀塚古墳」が残るだけとなりました。

実際に行ってみましょう。

公園の中を歩いていると、いきなりこういう丘にぶち当たります。↓↓

068.JPG

この丘に登る道は、都会の中とは思えない、山道のような道です。

069.JPG

これを登ると、広場になっていて、伊能忠敬の日本測量の記念碑が建っています。

070.JPG

伊能忠敬が測量の旅に出たとき、その出発地は芝だったのです。

071.JPG

ちょっと離れた場所に、こんな像も。

074.JPG

これは政治家、大野伴睦(1890-1964)の句碑だそうです。
大野は戦後の政界の重鎮です。

横手から山を降りていくと、お稲荷さんが建っています。
円山随身稲荷大明神↓↓

077.JPG

山を下りたところには、梅の木がたくさん。
「銀世界の梅」というそうです。

078.JPG

もともとは西新宿のあたりに生えていた梅で、江戸時代は「梅屋敷銀世界」と呼ばれていたものが、明治の終わりごろに芝に移され、さらに昭和41年にこの場所に移植されたということです。

さらに地図の上のほうへ(西へ)進みます。

右手前方に東京タワー。

082.JPG

また芝公園の一角に差し掛かります。

084.JPG

そこには「健康歩道」というのが作られていて、身体を鍛えるためのさまざまな器具が歩道に設置されています。

085.JPG

東京タワーの前の通りに出ました。

086.JPG

タワーのほうへ進んでいくと、右手の公園の中に池が。

090.JPG

弁天様の池です。

092.JPG

うちの劇団では、3月に蛇神様のいる池のお芝居を上演したので、こういう池を見るとなんだか楽しくなります。
数ヶ月前にこのあたりでロケハンをしたとき、この弁天池を見つけて、「弁天様の池の話を上演すればいいんじゃないか」と冗談を言ったものです。

池のほとりには、宝珠院という小さなお寺があり、閻魔大王が祀られていました。

093.JPG

咲いていた彼岸花。もう1ヶ月も前の散歩ですから……。

095.JPG

昔、私がほぼ初めてお芝居を作ったとき、
「ラストに劇場の扉を開けて、外の世界をヒロインが去っていって、そのまわりに彼岸花がいっぱい咲いている、みたいな演出をしたい!」
と言って、当時の仲間たちに大量の彼岸花を作ってもらったことがありました。
懐かしい思い出です。

さて、これで芝公園はだいたい見て回ったことになります。
最後はやはり、東京タワーにまた行きました。

099.JPG

何度見ても立派です。
東京タワーについてのお芝居をやろうとしてみて、自分にとってよかったなあと思えることは、東京タワーのことがとても好きになれたことです。
この美しいフォルム。
圧倒的な物質感。
私は遠くから見るよりも、近くに行って「うわー」と思いながら見上げるのが好きです。

100.JPG

東京タワーの足下には、南極観測で働いたカラフト犬の記念像が。

101.JPG

これで東京タワー周辺散歩の本編は終わりです。
次回は、総括みたいなことをやれればと思います。
posted by peachum_company at 10:17| Comment(0) | 東京タワー周辺散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。